いろいろな貸付

教育ローンの重要ポイントとしてあげられるのが、教育ローンには、いろいろなところで貸付ができるということです。教育ローンには、奨学金も含め公的な貸付や銀行といった民間の貸付制度もあります。それぞれの違いを知った上で、教育ローンを組むことが教育ローンの重要ポイントになります。まず奨学金と国の教育ローンの違いです。奨学金には、保護者が連帯保証人となり、月々定額の貸付になります。貸付時期は入学後になり、成績要件があります。第一種は無利子ですが、第二種は固定利率と変動利率といった利子があります。一方国の教育ローンは、別世帯の連帯保証人が必要になります。上限金があり、一括貸付になります。入学前の貸付も可能で、成績要件はありません。しかし利率が奨学金よりも高めになります。そして教育ローンの重要ポイントとしては、奨学金と教育ローンは併用できることを知っておく必要があります。この他にも進学する際の教育ローンがあります。例えば、自治体の奨学金制度や教育貸付制度といったことになります。これらは福祉的政策による教育の貸付制度になります。貸付には条件がありますが、無利子の場合もあるので、自治体へ問い合わせることが必要になります。また看護師や介護福祉士といった国家資格の取得を目指す方には、修学資金貸付制度があります。これは資格を取得して指定の施設で一定期間働くと、返済が免除になる制度です。この他にも民間の金融機関でも教育ローンを扱っています。また大学でも独自の教育ローンを行っている大学もあります。教育ローンの重要ポイントは、このような様々なローンの違いがあることを知って、自分にあったローンを利用することが必要です。