必要性が高まっている理由

近年、大学卒業するまでにかかる費用では銀行などの教育ローンの必要性が高まっているのです。バブルの時までは、国立大学、公立大学の入学金、授業料は安かったのです。私立の大学についても、理系でも100万円くらいでした。しかし、バブルの崩壊、リーマンショックを経て日本経済はデフレ傾向になっているのに学費は下がらないのです。逆に私立も国立大学も学費が高くなっている傾向にあるのです。そのため、大学を卒業までの費用を教育ローンなどで銀行から借りるような人も増えてきているのです。それだけ教育ローンの必要性が高まっているのです。しかし、大学の学費は高くなっているのですが、有名な私立大学、国立大学に合格するために中学、高校とそれまでに塾、家庭教師と費用がかかっているのです。昔も塾、家庭教師はそれなりにありましたし、受験戦争と言う言葉もありましたようにそれなり受験生も大変でした。しかし、現在は小学校から、将来の大学入学に向けて親はお金を子供にかけているのです。昔とは大学合格までにかかる費用が多くなっております。そのため、大学にかける費用はローンでまかなわなくてはならなくなっているのです。世間はデフレで給与も今後高くなるとも思えません。それも教育ローンの必要性が高まっている理由のひとつです。少子高齢化で大学に進む子供も少なくなってきております。一人の子供にかける費用を増やしてきているのが各家庭の状況です。